コストパフォーマンスと価値観

「安かろ悪かろう」なんて言葉がありますが、価値というものは基本的には良い品質や希少なモノは高く、機能が少なかったり大量生産のモノは低くなります。しかしながら多くの人が求めているものは良いモノを安く手に入れることとです。要はコスパの良いモノがほしいのです。
得られた成果とそれにかかった費用の対比、つまりコストパフォーマンスという考え方です。成果に対して費用が高いとコストパフォーマンスは悪い、費用が安いとコストパフォーマンスは良いとされています。例えば極端ですが1杯1000円で注文したラーメンがカップ麺レベルだったらコスパは悪いと言われるでしょう。逆にコンビニで250円で買った少し高めのカップ麺でも本場の味完全再現してたら、それはコスパ良いといえるのではないでしょうか。

Vapeの世界もかなりピンキリですよね。
e-goタイプの1000円以下のモノ、olaxなどVWやVV機能のついた5000~10000円代のモノ、今流行の温度管理機能がついたモノがもう少し高くて、更にメカニカルMODやドリッパーの世界に突入するとどこまで行くかという感じですよね。

なんでこんな話してるかって今私が悩んでいるからなんですね。
Vapeを始めるにあたり、私が「これでデビューしたい!」と考えていたのはSUBOXのキットです。しかし温度管理も少し興味出てきたり、もういっそ早く始めたいからX6買っちゃうか!なんて考えも浮かんできてます。多分どれもVapeデビューとしては間違いではないでしょうが、そこで大事なのが個人の価値観だと思います。

電子タバコなんかに10000円も出せないという価値観ならそれ以下のもの、多少高くても性能いいものと考えるならそれ以上でいいと思うんです。これは価値観によるものです。

私の価値観とコスパを考えるとなんだかんだSUBOXなんだよなと。
そうなるともう少し我慢なんですがねー。会社の後輩からよくわかんないリキッド貰いました、リキッドだけ。これはあれか、直舐めでもしてろという無言の嫌がらせなんでしょうか。

レロレロレロレロ
ポチポチポチポチ!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2015/10/29 (Thu) 13:54 |Vape追求記 |トラックバック(0) |コメント(2)

リキッドの旅へ

連休って素晴らしいですね。このまま時間が止まればなというファンタジーなことを想像してしまうほどの時間の流れを過ごしている夜中のゐくさんです。
前回の内容(リンク)ももちろんVapeの魅力ではあると思ったんですが、大事なものを語り忘れていたと思い、今回は書いていきます。


私がここまでVapeというものに興味津々となったその魅力の1つ。
それが豊富なリキッドです。
リンゴ、オレンジ、マスカットなどフルーツ系のものからスイーツ系、ドリンク系、などジャンルもいろいろです。販売店さんに行くとボトル?がズラーっと並んでいるのでなかなか迷っちゃいますよね。

普通のタバコを吸っているとき、なんと無くマズイタバコっていうのはありましたが「この味、美味いなー」なんて思ったことはほぼなかったんです。一番違和感なく吸えたのがマルボロ系で10年ほどマルボロメンソールシリーズの何かしらを吸っていましたが、なんと無く義務的に吸っている感覚でした。最も手軽に合法的にストレスとか頭空っぽに出来る手段という感じですかね。

ここ数年、MEBIUSのOptionシリーズみたいなフィルターにカプセルを仕込んでフルーティーなフレーバーを楽しめるタバコも出てきましたが、味としてはタバコ+トイレ用芳香剤って感じで私はあまり好きじゃなかったです。
タバコの味って良く言えば「芳醇、香ばしい、甘み」などの言葉で表現されますが結局は煙たいんですよね。あくまで個人の意見ですが不味いタバコを吸った時に私が感じたのは「ボロ雑巾を口につけて呼吸してるみたいな味だな…」です。

何が言いたいかっていうと「タバコ味って結局美味しくないよね?」って話なんです。そんなに美味しいものなら、タバコ味の○○が世の中にいっぱいあってもいいものなんですよ。タバコ味のキャンディからカップヌードルTABACO、はたまたタバコパンと出てたりしてもおかしくないんですけど出ていない!何故か?タバコって普通の味覚なら美味しくないからなんです!大体喫煙者でも喫煙しながら食事する人って稀なのを考えれば、それが本来の味覚的には美味しくないものと納得できるかと思います。

その点でいえばVapeのリキッドは美味しそうなものがたくさんありますよね。
スッキリとした味わいのものから濃厚そうなものまでかなり幅広く再現されたものが出ているかと思います。ある意味、そこはVape未経験の人や非喫煙者にとってVapeの最大の魅力なのではと感じております。

私は男ですが超絶甘党です。ブッフェとか行くとデザート全種各3個とかは当たり前で、女子がドン引くくらいのこともたまにやったりします。いつからだったか、元々甘い物好きで多分高校ぐらいから甘党加減がバカになったような気がします。例えばグラス一杯のアイスティーにガムシロ3つ入れたり、ボウルに大量の生クリーム作って何時間もナメまくったり。よくお節介な女子に「そんな甘いの毎日食べてたら糖尿病になるよ~」と言われてたな…なんて遠い記憶まで話が脱線しましたが、そのくらい甘党なんです。今はあの頃ほどではないですが、それでも一般的な同世代男性と比べたらだいぶ逸脱しているのでしょう。
そんな私にとってスイーツ系のリキッドというのは、とても魅力的です!カスタードとかアップルパイとかレビューを見聞きするだけでもジュルリとヨダレをすすっております。またこれからの季節的にも合うでしょうKAMIKAZEのミルクティーとかも気になってます。


とにかく色んなリキッドがあるので、
それぞれにあったリキッドをそれぞれの吸い方で楽しめる!
これこそVape最大の魅力かもしれませんね。



フォローお気軽に!
twitter:@v_revo_yikusan

最後にポチッとおだてブタ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
2015/10/28 (Wed) 01:36 |Vape追求記 |トラックバック(0) |コメント(0)

始めようVape!ここがVapeの良いところ(だと思った)

まだ始めてすらいない私が書くのは意見としてかなり当てにならないものだとは重々承知ですが、それでもVapeの魅力を少しでもお伝えしたいなという思いが溢れてしまったんだす。間違ってるところあればTwitterなりコメントなりで教えていただけると幸いです。


まずはVapeってどんなもんなのかという話。
簡単に言えば電子タバコです。
電気を通してコイルを温めます。そのコイルにはコットンなどが通してあったりします。そのコットンにはリキッドというVape専用の液体が染み込むようになっています。暖められたコイルによりコットンに染みたリキッドは気化し蒸気となります。その蒸気を吸うことで香りや味を楽しめる、というのがVapeの簡単な仕組みです。


健康面でスゴイ!
紙巻きタバコの2大有害物質といえば悪名高きタールさんとニコチンさんです。まずタールさんは結構な毒物なわけです。タールに含まれている4000ほどの化合物のうち200は発ガン性物質など人間に有害なものだとされています。しかも粘質性のものなので肺に入ればこびり付く、吐いた煙は壁を汚すといいことなしなわけです。さらに肺にこびりついたタールは禁煙してもすぐにキレイサッパリとなるわけもなく、その汚れ具合により洗浄されるまで時間がかかります。時間をかけてもその分衰えもあり完全には回復するわけでもないです。恐ろしや…
ニコチンさんは依存性があり、血管を収縮させ、代謝物が発ガン性物質となります。またニコチンをそのまま摂取(紙巻きタバコをそのまま食べたり…)すると猛毒なので、最悪死に至ります。

Vapeはというと、
タバコの葉っぱが入っていないのでタールは出ません!もちろんリキッド自体がタールなんて馬鹿なこともありません。リキッドの主成分はグリセリンなので特にそれ自体に害があることはないです。
ニコチンは国内で販売されているリキッドには基本的には含まれていません。海外から個人輸入すればニコチン入りリキッドを入手でき、有害性もあるでしょうがそれでも普通にタバコを吸うよりは害は小さいと思います。
よってVapeは基本的には健康面で害はないです。ニコチン入りリキッドを吸うのであれば扱いには気をつけて、多少の有害性があることを理解して輸入しましょう。


周りへの配慮がスゴイ!
タバコが非喫煙者に嫌われる理由として多く挙げられるのは、臭い、室内が汚れる、火が危ない、煙たい、受動喫煙などでしょう。タバコの煙に含まれる有害物質の中にはアンモニアを始め様々な悪臭を発する物質が含まれているのでそりゃそうなんです。
私は喫煙者だったのでそれほど他人の煙を気にしていませんでしたが、それでも目に入ったりすると痛いしあまり良い思いのするものではないのは確かです。

Vapeはというと、
先程も書きましたがリキッドの主成分はグリセリンであり吐かれる煙はその蒸気です。つまり壁紙が汚れたりする心配はございません。(締め切った部屋で吸いまくれば汚れる可能性はありますが、いわゆるヤニ汚れと違いさっと拭いて落ちる程度のものかと思います。)
有害物質が発生しているわけでもないので、受動喫煙してもそこまで体に悪いとも思いません。またその臭いも悪臭というよりはリキッドに含まれる香料の香りという感じです。例えばスイーツ系のリキッドを密室でずっと吸っていれば甘い匂いになります。こればっかりは仕方ないので、アロマとでも捉えていただければと思います。
よって周りの人への迷惑も抑えた喫煙が可能なわけです。家族持ちの方は家ではベランダや換気扇下で喫煙されている方も少なくないと思いますが、そういった方にこそオススメだと思います。



ここまで「タバコがどんだけ悪か」という流れで書いてしまいましたが私は別に嫌煙家ではないです。むしろちょっと前まで愛煙家だったので大して気にしないですしルールを守って吸う分には何も文句ないです。ただ子持ちの身としては一緒にいる時に外で歩きタバコしてる人がいると迷惑だなと思うし、自分の副流煙も吸わせたくはないので禁煙を始めました。

私は紙巻きタバコ禁煙でVapeを始めようとしてますが単なる禁煙グッズとしてではなく新しい趣味になればと考えています。まぁ禁煙の意味を「喫煙を断つ」と捉えるならVapeは完全な禁煙ではないのですが、それもVapeのひとつの存在意義なのかなと思っています。(特に私のような意志の弱い人間にとってはね…)今回書いたような健康や周りの人を気にしてVapeに移行するというのも、紙巻きタバコと併用するというのも、それぞれの使い方でいいと思うんです。日本においてはまだマイナーカルチャーですがそういう各々の使い方を出来るという点では今後もっと人気が出て来るかもなと期待もしています。

ただ何か吸って煙吐いてるって行為は端から見ればあくまで"タバコ"!
なのでVapeする際も喫煙スペースで吸うなどモラルを考えて楽しむことが大事だろうなと思います。そうしないと世間からの理解は得られないでしょうし、よく分からないこじつけで規制されたり税かけられたりされても困りますからねー。

最近、新しいMODや美味しそうなリキッドが続々出てて気になるものがいっぱいです。リニューアル後に出たスノフリのアロエなんかは他にはないラインナップなので特に気になりますね!あとkangertechの新しいキットNeboxの詳細も気になるところです。なので、みなさんのレビューとかを拝見しながら指をくわえているゐくさんでした。


フォローお気軽にどうぞ♪
Twitter:@v_revo_yikusan

ランキング参加しました!
あなたのポチッとお待ちしてます。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
2015/10/20 (Tue) 16:51 |Vape追求記 |トラックバック(0) |コメント(0)

欲しいMODやアトマイザーのはなし

ブログランキング参加してみました!
↓押してくれると日々頑張れます!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村


今回は現在の知識で良いなと思っているMODやアトマイザーのお話。

正直なところ、最初は始められればいいやと投げ売りされているX6でいいかなと思ったんです。ただよく分からんものでも何となく評判は気になるもので、安いにしてもあまりに評判が良くない。そこそこの意気込みもあったので「この買い物、失敗したくない!」と思い、他のものも調べることにしました。

調べた結果、今一番欲しいのは
Kangertech subox miniです!


選んだ理由としては
・評判の良いSubtank miniが付いている。
・RTAとしても使えるカスタム性
・バッテリーが内蔵型じゃないので、ヘタっても使える。
・見た目もカッコいい!

良いものは長く使いたい!そんな思いから選んだのがスターターキットとしてはかなりの評価を得ているSubox miniです。総合的に考えて一番バランスよくなんでも出来そうだなと。まぁ温度管理以外はカバーしてるので失敗はしないと思うんです。



アトマはSubtank miniあればRTAとしても使えコイル巻き巻きも出来るのでしばらく事足りそうですが、やっぱり補欠要員も欲しくなるものです。同じような役割としては

Tritonさんですかね。ただRTAとして使用するのに別売りパーツが必要なのが面倒だなと。あと私の中のAspireさんってメーカーの勝手なイメージは『爆煙至上主義』!興味はあるけどミスト量に関しては適度に出ればいいかな程度にしか思っていないのでものすごく魅力的にはならないんです。(逆に味が吹っ飛ぶのでは…と懸念してしまっているかもしれない)

ですがやはりRebuildableもやってみたいと考える私にとってドリッパーを使うのが目標みたいな感じはあります。そうなると欲しくなるのが

AmerPointのNecter micro-mとかはすごく興味ありますし、レビュー動画など見ていても好評なものが多いのでいつかほしいなと思っています。(流石にアトマだけに1万オーバーはVapeデビューには大きく出過ぎ感があるので、しばらくしてからにしようかと)


技術の進歩が恐ろしい速さで進む時代ですが、例によってVapeの世界もまた同じ。私が数年前電子タバコというものを知った時は今思えばゴミのようなものだったのがいつの間にか今のような形に進化を遂げ、まだまだ発展途上中という感じ。私が「買いたいなー」「欲しいなー」と嘆いている間にもテクニカルMODに関しては主流は温度管理機能となり、新しい物が各メーカーから続々と出てきました。

「遂に手に入れました!」と歓喜の報告をするとき、私の手にはどんなMOD、アトマイザーが握られているのでしょうね。待ってろ、私のVape Life!!!


最後にポチッと!お願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2015/10/12 (Mon) 23:31 |Vape追求記 |トラックバック(0) |コメント(0)

はじめましてのご挨拶

どうもこの度は『Vape Revo -煙霧追求記-』を発見していただきありがとうございます。このブログはまだvapeを使ったこともない私ゐくさんがVapeについて勉強しvaporデビューを目指しながら更新していくもので、ゆくゆくはModやリキッドレビューなどもしていきたいなと考えております。

ひと月前でしょうか…タバコ歴10年目にしてようやく禁煙をスタートしたわけですが、早々にタバコに変わる何かないのかと探し始めていました。意志の弱さは人一倍な私です。そこで見つけたのが、なにやらVapeと呼ばれる電子タバコでした!
いろいろ調べてみると禁煙に使った例やレビュー動画、Vape trickと呼ばれる技を披露している動画などなど日本においても密かな流行になっているではないですか。
更に調べると紙巻きタバコに比べて健康リスクがかなり減少することや海外では大人気であること、バラエティ豊かなリキッド…と興味は増すばかりです。

そして決心しました。
これを趣味にしよう!

しかしながら家庭を持つ身としてそう簡単にお金がおりないのが辛いところ。そう、少なからず数千円は初期費用としてかかるのを「ほらよっ」と出すほどうちの嫁は菩薩ではない。はじめは説明不足ということもあったが、それでもそれ(擬似的にタバコと同等の用途ができるもの)は今やっている禁煙、つまりタバコを断つという意味的にはグレーゾーンなのでもうしばらく許可は出せないと言われました。

残念な気持ちにはなったのですが、ある程度の知識や、また良い部分だけでなく危険性、欠点などを知っておくことはこれから趣味とするものに対して正しい向き合い方かもしれないと考えました。しかも嫁の言う事はその通りなわけで、ひと月も経たないうちから言うことではなかったなと納得しました。許可がおりるのは年末(クリスマス?)かなと考えています。それまで少しでも知識を深め、より良いVapeライフを楽しめればと思う今日この頃です。

勢いで始めた感は否めませんが、折角なのでこのブログはVapeを始めたい、始めたばかりなんて方に読んでいただければと思います。もちろんもうすでにメカニカルMODだったりRDA使ってる先輩Vaporさんにもご指南いただければと思っております。週3以上の更新を目指し(意志の弱さはry…)、いろいろ書いていこうと思っています。

フォローお気軽に
twitter:@v_revo_yikusan
2015/10/12 (Mon) 21:52 |ブログビルド |トラックバック(0) |コメント(0)